2017/06/21

1年生おすすめ本【落語絵本はつてんじん】【うんぴ・うんにょ・うんこ・うんご】の内容と感想

 

今週は学校おすすめの本の中から大人も笑える落語絵本シリーズから「はつてんじん」

そして子供だったら誰もが好きなうんちの話の「うんぴ・うんにょ・うんち・うんご」

2冊ともなかなか大人も楽しめる絵本です!

今回も管理人の独断で5つ★評価をしてみました^^

 

学校おすすめ本【落語絵本:はつてんじん】

作・絵:川端 誠
出版社:クレヨンハウス
ページ数:24ページ
総合おすすめ度 ★★★★★
長さや文字の量 ★★★
話の分りやすさ ★★★★
子供の反応 ★★★★★

 

おはなしの内容

金坊とお父さんが菅原道真をまつる天満宮の縁日に出かけたお話。

縁日にはたくさんの屋台が並んでいて、わたがし・あんずあめ・たこやきとおいしそうな食べ物がズラリと並んでいます。

 

家ではあれやこれやを買わない約束をしたのに「わたがし買って~!」と騒ぎ出す金坊にお父さんもほとほと困り果てますが、結局お父さんは凧を買わされるハメになってしまいます。

すると2人は買った凧で凧揚げをするんですが、この凧が思わぬ結末に…!

 

読んでみた感想

結構字も多かったし落語で話も難しそうだったのでまだ無理かな~と思っていたのに大ハマリ!

 

始めは金坊が縁日であれこれほしいと言っても全然相手にしないお父さんでしたが、あまりのダダっこぶりに結局は凧を買わされてしまいます。

このやりとりなんかいつもの我が親子とそっくりですが、子供は他人事で笑っています。

 

途中からあんなに買わないって強気だったお父さんと、駄々をこねていた金坊の形勢が徐々に逆転していくんですがその様がなかなか笑える!

 

落語って起承転結がはっきりしていて読みやすいしユーモラスな掛け合いはセンス抜群!

大人が読んでも本当に面白くて、普段落語なんて接する機会がなかったけど一度聞きに行ってみたいと思うほどになりました。

 

ただ最初は字も多く落語なのでちょっとひねった面白さなため難しく感じてしまうかもしれません。なのではじめは

 

  • お参りって毎年行く初詣と似ているねとか
  • 駄々をこねる金坊を「あら?誰かと一緒ね」とか
  • あれ?お父さん子供みたいになっちゃって!なんで?!

 

という感じでちょっと説明しながら2-3度読み聞かせをしてあげたら読みやすいと感じたようで、内容も理解できるようになってグイグイとお話に引き込まれて行きました。

 

学校おすすめ本【うんぴ・うんにょ・うんこ・うんご】

作:村上 八千世
絵:せべ まさゆき
出版社:ほるぷ出版
ページ数:32ページ
総合おすすめ度 ★★★★★
長さや文字の量 ★★★★★
話の分りやすさ ★★★★★
子供の反応 ★★★★★

 

おはなしの内容

まったくふざけた題名だな~と思っていましたが、しっかり読むと生きて行く上でとっても大事な「うんこ」の話なのがわかります。

 

例えば…

●冷たいものを食べ過ぎたら「うんぴ」

●よく噛まなかったら「うんにょ」

●野菜をたべないと「うんご」

●きちんと食べて早寝早起きすると「うんち」

 

それぞれの「うん〇」の色や臭いなどの特徴を”だいべんはかせ”がわかりやすく詳しく教えてくれています(笑)。

 

読んでみた感想

最近はうんこドリルがすごく流行ってますよね。

とにかく小学生の低学年くらいだと「うんこ」「おしり」などのキーワードに過剰な反応を示しますから人気なのもよくわかります。

 

ただうんちは汚いというイメージがあったり、いざ学校でしようと思っても中には恥ずかしくて行けない子もいます。

 

それがこの絵本を読むことで

●ウンチをすることは自然なことで恥ずかしくないこと

●きちんとご飯を食べないといいウンチが出ないこと

●ウンチをした後はきちんと後始末をしなきゃいけない

などウンチをするのは生きていくためにとっても大事なんだというのがよくわかります。

確かに大人になっても毎日自分のうんこをよく見て健康状態を把握すると良いって言われていますからね。

 

娘もこの本を読んでから毎日自分のウンチを見ては「今日は元気もりもりのうんち!」とか「今日はうんご!お野菜食べたのになぁ」などと健康に気遣いを見せる一面も見られるようになりました。

まだまだ我が家のウンチ観察はしばらく続きそうです。

 

さいごに

今週は「落語絵本/はつてんじん」と「うんぴ・うんにょ・うんち・うんご」を読みました。

どちらとも決められないくらいいい勝負だけど強いて言うなら「うんぴ・うんにょ・うんち・うんご」に1票!

 

体の不思議や生活する上での大切なことを面白おかしく知ることができますからね。

ただ毎日家の中で「うん〇うん〇」と言いすぎるのはいかがなものかと思いますけど^^;



>>>絵本ナビ 子どもに絵本を選ぶなら

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください