黄色い帽子が汚い!自宅で型崩れせずにキレイに洗えるかやってみた!

 

黄色い帽子はピカピカの一年生の証!

でもこれ雨の日も晴れの日も、夏も冬も毎日かぶっていくので結構汚れるんですよね。

できれば洗いたいけど1年生のうちはかぶって行かなきゃならないから壊れちゃったら困るしな~とも思うけど、こんなきったないまま、あと半年以上は過ごせないと思うワケです。

そこで薄汚れてしまった黄色い帽子を思い切って洗ってみました!

 

スポンサーリンク

黄色い帽子のタグで素材を洗濯法を確かめてみる

まず帽子についてるタグを見てみます。

ポリエステル100%、洗濯機マークは弱30と記載があります。

 

ポリエステルってすごく色んな種類があるんだけどツバの部分はちょっと固めのポリエチレンみたいな素材。

 

で、帽子の部分はもっと柔らか目の布とメッシュ素材になってます。

 

ちなみに洗濯機マークの弱30というのは、30度以下の湯水で「洗濯機の弱=やわらか洗濯」で洗濯できますという意味で他の洗濯物と一緒にいつもの洗濯コースで洗ってもいいってわけじゃないんです。

あくまでも洗濯機を使うのであれば「弱」=「やさしく洗うコース」を選んで、これだけか同じ洗濯表示のものだけで洗ってくださいってことなんですね。

 

これ、正しく知ってました?!

 

私はてっきり30%くらいの強さで洗うもの=洗濯ネットに入れれば洗濯機で洗っていいものって思ってました(笑)

 

だからかな?洗濯ネットに入れて洗濯機でガラガラ洗っちゃったよというママの子の黄色い帽子は気のせいかヨレヨレしてる感が…。

ということで今回は無難に手洗いしてみることにします(*´ω`*)。

 

 

 

 蘇れ~!黄色い帽子を洗ってみよう

特に汚いのはあごにかかるゴムの部分と…

 

帽子の中側の頭回り。

 

しかもよーく見てみると全体的にうす汚れてる感じもするなぁ。

 

そこでまずはいつも使っている液体洗剤部分洗い用の漂白剤を帽子の裏側の目立たない部分にサーっとかけて試し洗い。

 

特に変色はなさそうなので、靴洗い用のブラシでゴシゴシ洗ってみました。

あとは水でよーく洗い流したら洗濯機の脱水にはかけず外でブンブン振り回して水気を飛ばします。


スポンサーリンク

 帽子の形を整えて干します

このまま干しても良かったんだけど、なんとなく丸くなってる頭の部分の凹みが気になる…。

 

そこで家にあったちょっと大き目のゴムボールをぎゅっと押し込んでみました。

丸くなった♪

 

あとは半日も日陰干しをすればOK!見てみると…

 

ゴム…白くなった!

 

内側の輪っか汚れ…落ちた!

 

全体的にも洗う前と比べてみると…

【before】

⇓ ⇓ ⇓ ⇓ ⇓

【After】

超きれいになりました~!

 

なーんだ。こんなことならもっと早く洗えばよかった。

 

さいごに

黄色の帽子って地域や学校によって違うのでまったくかぶらないところもあります。

でもウチの地域のように1年生は必須というところもあれば、6年生までかぶるって言う学校もあるのでできるだけきれいな状態を保ちたいですからね。

 

黄色帽子は結構しっかりとした作りだから洗濯機で洗っても大丈夫みたいだけど、なるべく傷まないようにするにはブラシでサッと洗いが良さそう。

上履きや靴を洗うついでにサッと一洗いしちゃいましょう。

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください