折って両端を縫うだけ!超簡単な子供用ガーゼマスクの作り方

 

給食やちょっと咳の出る日、そしてこれから風邪が流行る季節に使うガーゼマスク。

毎日必要だから最低でも4枚は欲しいですよね。

 

でも可愛い柄じゃなかったり、縫い目が気になったりしてなかなか思ったようなものが見つからない…。

出来たのを見るとそこまで複雑な作りじゃなさそう…。

ということで娘が気に入った生地を買ってガーゼマスク作りに挑戦してみることにしました。

 

もちろん今回もこだわりはいかに【簡単】で【時間をかけずに】です^^;

 

スポンサーリンク

子供用マスクのサイズはどのくらい?

12cm×9cm

小学生が使うマスクだとこのサイズが一番多いので、出来上がり寸法はこれにします。

ここから必要なガーゼの布の大きさとゴムの長さを計算します。

 

ちなみにいきなり失敗したらイヤだったので今回は100均で売っていた布にしてみました^^;

 

マスクを作る布の大きさ

37cm×21cm

 

実際のサイズ的には

横:12cm×3

縦:9cm×2+2cm

あればいいんだけど厚みの分があるのでプラス1cmづつしてます。

 

子供用マスクのゴムの長さ

約30cm×2本

 

12cm×9cmのマスクなら大体【24cm+結び目分】の長さがあれば十分です。

ただ顔の大きさも違うので一度軽く結んでから試しにマスクをしてもらって良かったら固く結ぶといいですよ。

 

子供用のマスクの作り方!超簡単にできる10工程

さあ、布が用意できたら早速マスクを作って行きますよ~!

 

①まずは縦から合わせます。布を広げ裏返して下から5.5cmのところを折ります

 

②今度は上側をかぶせてマスクの縦幅が9cmになるように重ねて折ります

LOOK赤矢印の部分が9cmになるように!

すると大体3cmくらい重なることになります。↓

 

③今度は横の部分。幅12cmになるように折ります

 

④もう片方も重ねて折ります

 

⑤上に重なった部分の端を約1cm折り返します

これでマスクの形ができました( *´艸`)

あとは端の2ヵ所をミシンで縫うだけです!

 

POINTガーゼも重ねるとプカプカ浮くので、縫いにくい時はアイロンをかけてから縫うといいですよ。
スポンサーリンク

 


直線で1本縫うだけでもいいんだけど、補強を兼ねて角を三角に縫っていきます。

 

赤い●印からスタートして矢印の方向にまっすぐ縫います

 

⑦最後は反対に●印のところで終わり

 

【ここに注意!】

ちゃんと幅が合ってなかったり押さえつけ過ぎるとこんな風に縫った部分が飛び出しちゃうので気をつけて~。

 

⑧反対側に縫った幅と同じ幅で線を引きます

 

⑨線の部分を先程と同じように縫います

 

⑩両方縫ったら輪になったところにゴムを通します

 

あとはゴムの結び目を縫った穴の部分にしまい込んだら完成☆

で・き・たっ ヾ(*´∀`*)ノ

 

2ヵ所縫うだけの簡単子供用ガーゼマスク 何分でできた?

作り出してからゴム通し(①~10)まで、かかった時間は約20分!

布を切ることをを含めても30分はかかっていません^^v

 

しかもミシンを使ったのは2箇所だけなので本当に簡単に出来ちゃいました。

これならいくつでも作れそう(*^-^*)

 

さいごに

給食のマスクは毎日必要だし、冬になると小学校はマスクの着用が必須になりますからね。

もちろんマスクも買ったらいいんだけど本当に簡単にできちゃうし好きな柄を選んで作ることができるので、なかなか可愛いのが見つからないというママは是非♪

簡単に出来ちゃうのでテンション上がります(笑)

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください