バレンタインチョコの小学生向きの手作りレシピ3選!大量の友チョコを簡単に作っちゃおう

 

友チョコが流行り出したのって確か10年くらい前でしたよね。

 

姪っ子達と今年のバレンタインはどんなチョコレートにしようかと悩み、材料からラッピングアイテムを一緒に買いに行き大量の友チョコを作り始めてかれこれ9年目。

我が家の娘(7歳)は生まれた時からチョコ作りを見ていたせいか?毎年バレンタインにはチョコを作って配るものだと思っています(^-^;

 

でも友チョコも40~50人分ともなると材料費もかかるし、低学年だと作ってる途中で飽きちゃったりするからどんなのを作るかがポイントなんですよね。

 

そこで小1でもできる!簡単で評判がよく見栄えの良かった友チョコのレシピと、友チョコを作って渡す時に気をつけたいことをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

簡単可愛い!たくさん作れる友チョコレシピ3つ

1.簡単に

2.たくさん作れて

3.見た目もかわいい

 

なんとも欲張りな感じだけどこの3つをモットーにして作って、これは良かったと思ったレシピを3つご紹介しますね。

 

 

【レシピ1】チョコマシュマロバー

市販のマシュマロを串に刺してチョコをかけてデコレーションするだけです。

<用意するもの>
●板チョコ

●マシュマロ

●デコレーション用(アラザン・シュガー・チョコ)

◎串

 

<作り方>
1.マシュマロを串に通しておく

 

2.チョコレートを溶かして型に入れて冷やしておく

固まったらデコレーション素材として使います

 

3.残りのチョコをマシュマロにかけて固まらないうちにデコレーションしたら完成☆

POINT上からかけるチョコにパフなどを入れると食感が違っていいですよ(ピンクのみパフ入りにしました)

 

 

【レシピ2】スモア風~デコチョコビスケットサンド

市販のビスケットをマシュマロでサンドしてチョコレートコーティングしてみました。

<用意するもの>
●ビスケット

●板チョコ

●マシュマロ

●デコレーション用(アラザン・シュガー・チョコ)

◎スティック

 

<作り方>

1.ビスケットにマシュマロを乗せて電子レンジで15~20秒

⇓マシュマロがぷくーっと膨らんできたらとめます⇓

 

2.マシュマロの真ん中にスティックを置いたらビスケットを乗せてギュッと押します

マシュマロがはみ出るかはみ出ないかギリギリのところがベスト。できたらしばらく置いておきます

 

3.マシュマロが固まったら溶かしておいたチョコを片面に塗って固まらないうちにデコレーションしたら完成です☆

 

 

【レシピ3】色々クランチサンドチョコバー

我が家の今年のバレンタインはコレ(*^▽^*)

チョコクランチを作ってマシュマロで挟んでデコります。

 

<用意するもの>
●板チョコ

●マシュマロ(大・小)

●ナッツ類 *小さめに砕いておく

●ポン菓子

●デコレーション用(アラザン・シュガー・チョコ)

◎スティック

◎アルミケース

 

<作り方>
1.チョコレートを溶かしたらナッツ・ポン菓子・小さいマシュマロを入れて混ぜます

2.アルミケースに入れて固まったら外します

3.マシュマロ(大)をお皿に並べレンジで15~20秒。膨らんだらすぐに2のチョコの真ん中におきます

4.スティックを真ん中に置いてチョコを乗せて押さえます

5.マシュマロが固まったらデコレーションします

 

この手順で試作はしてみたけど画像を撮り忘れました~(>_<)

 

失敗した!大量の友チョコには向かなかったレシピ2つ

ちなみに今年は失敗した~(;´Д`)って思った年の2つのレシピを理由と共にご紹介しておきますね。

 

【材料費かかり過ぎて失敗】板チョコdeメッセージチョコ

まず1人に1枚の板チョコが必要。

さらにデコレーションする面積が広いので大きなミッキーとかのチョコも別に型で作ったり、デコレーションシュガーもたくさん使ったのでとにかく材料費がかかりました。

ラッピングアイテムまで含めたら買った方が安かったかも(*_*)

 

【壊れやすくて失敗】アレンジポッキーチョコ


ポッキーを並べてチョコでくっつけて1枚のボード風にしてデコレーションしたんだけど、ご存知の通りポッキーって結構細いので折れやすいんですね。

 

並べてくっつけている途中もデコレーションしている途中も「あ、折れた…|─ ポキっ」を連発…ポッキーを買い足しにいくことに。

時間がかかった割にあまりキレイにもできなかったし、数日経つとチョコレートのかかっていない部分が湿気てくるわ折れやすいわで管理が大変でした。


スポンサーリンク

 

簡単かわいく大量に友チョコを作る3つのポイント

毎年チョコを作ってて感じることは友チョコ作りで大事なのは楽しい・安全なことです。

そこで私的、小学生が楽しくかわいい友チョコを安全にプレゼントするための方法をまとめました。

 

ポイント1:楽しく友チョコを作るポイント

せっかくなんだから楽しく作りましょう。

 

1.デコレーションだけをさせる

土台のチョコは大人が作り子供はデコレーションだけをやってもらうんです。

 

とにかく始めはいいんだけど工程が多かったり数が多いと飽きてしまってテンションも作業効率も下がってくるので、短時間で終わらせることです。

例えば紹介した3つのレシピで言うとこの辺までしておくと楽しいうちに終わりますよ。

◎レシピ1ならマシュマロはすべて串に刺しておく
◎レシピ2ならビスケットをマシュマロでサンドした形にしておく
◎レシピ3ならクランチチョコを作ってマシュマロでサンドしておく

 

 

2.既製品をうまく使う

お菓子作りに不安がある、時間をかけられないなら既製品を使いましょう。

 

ご紹介したレシピもほとんどこんな感じなんだけど、クッキー・ビスケット・マシュマロ・せんべいなどにデコレーションするだけでも子供は満足です。

あと今は必要な物が全部揃っているキットもたくさんの種類があるので、気に入ったものを選ぶといいですね。

 

ポイント2:安全にチョコレートを作るための心得

手作りですから特に”安全”には十分配慮したいですね。

 

焼き菓子系は避ける

ガトーショコラ、カップケーキ、マフィンなどの焼き菓子は冷蔵保存でも2日~4日程度しか日持ちしないので避けた方が無難です。

前にチョコバナナマフィンをもらったことがあったんだけど、2日後に食べようとしたら残念ながらバナナが変色しててヤバイ感じになってたことがあったのでそれからはできるだけ保存のきくチョコレートにしています。

 

手をきれいにして作る

とにかく衛生面に注意します。

 

●爪は短く切る

●石鹸でよーく手を洗う

●できればデコレーションする時はピンセットを使う

 

ただピンセットだとうまくつかめないので結局は手で飾りつけをするんですが、たまに途中でペロっと手についたものをなめたりするのでよーく目を光らせておきましょう。(笑)

 

ポイント3:友チョコを渡す時に気をつけたいポイント

チョコレートができたら渡す時にも注意が必要です。

 

チョコは冷蔵庫には入れない

できたチョコレートは日が当たらなくて気温が上がらない場所で保存します。

 

チョコレートって冷蔵保存した方がいいと思っている人も多いんだけど、この時期なら納戸とかの1日中日が当たらなくて15度以下になる場所が一番いいってショコラティエさんに聞いたんです。

というのも冷蔵庫に入れている間はいいんだけど出した時に結露してチョコに水分がつくと表面が白くなったり、そこから傷んだりしちゃうのです。

 

作ったら早目に渡す

子供が作ったものに限らず手作りって日持ちしません。

例え日持ちするものだったとしても渡した相手がすぐに食べてくれるとも限らないのでできればバレンタインの前日、もしくは2-3日前に作ります。

 

早く食べてねと一言添えて渡す

手作りだから早めに食べてねと言って渡しましょう。

衛生面には十分気をつけているし、できるだけ作ったらすぐに渡すんだけどより安全に美味しく食べて欲しいですからね。念の為一言添えて渡しましょう。

 

 

さいごに

友チョコって賛否両論あるけど季節を感じるイベントのひとつだし、誰かのために考えながら作ってプレゼントするのってすごくステキなことですよね。

 

でも低学年だと難しいものを作るのはキビシイし、1人で作るのもムリなので出来るだけ簡単で見た目がかわいいチョコがピッタリ♪

友チョコは子供がお友達と交換するためのチョコレートなのでそこまでクオリティは必要ないので、是非こちらも参考にしながら友チョコ作りに挑戦してみましょう。やってみると結構楽しいですよ。

 

あ、パパの分もお忘れなくです~(*^。^*)

♡HappyなValentineを♡

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください