2018/02/08

小学1年生の作文の文字数や内容はどの程度?宿題は親が見て直すべき?

 

三学期に入ったら週に一度作文の宿題が出るようになりました。

が、この作文の出来があまりにもヒドイんです(´;ω;`)

 

1ページ120字の作文帳に書いてきたのは2ページだけだし同じことが繰り返し書いてあるだけ。

一年生の書く作文なんてこんなもん?とは思うけど、どのくらいの文字数でどの程度の内容が書けていればいいのかがよくわからないからなんとも言えないんですよね。

 

そこでみんなはどのくらいの長さでどんな内容を書いているのかを先生とママ友に独自調査!

またできた作文はそのまま持たせた方がいいのか親が見て書き直しさせた方がいいのかについても考えてみました。

 

スポンサーリンク

小学1年生が書く作文の平均文字数

まず作文の宿題がでるのは週に1回。

特に何文字以上という決まりはありません。

 

だからどのくらいでもいいんだろうけど娘が書いたのは1ページ120文字の作文帳に2ページなので約240文字。

まずこのくらいの文字数は普通なのかってことです。

 

丁度面談があったので先生にどのくらいの長さで書けていればいいのかを聞いてみました。

2-3ページという子もいますし、10ページ以上書いてくる子もいます。

でも長ければいいというわけではないのでそこまで気にしなくても大丈夫です。

担任の先生

 

じ…10ページ??

 

1ページ120文字だからざっと1,200文字ってことでしょ?

そんなにかける子がいるなんてビックリなんですけどー(*_*)

 

そこで今度は何人かのママ友にも聞いてみました。

すると2~4ページっていう子がほとんどで、長さは題材やその日の気分によって変わるんだって(´▽`) ホッ

 

そうだよね、一年生なんて字を書くだけでも大変なんだから10ページも書くなんてほんの数人の話だよね?!

 

POINT一年生の作文の長さは個人差あり!指定がなければ長くても短くてもいいのです。

 

一年生はどんな内容の作文を書いている?

次にどの程度の内容が書けているかなんだけど、まず我が家の娘の作文がこれ。

 

タイトル:まえのこうさとびができたよ

 

きょうはまえのこうさとびをしました。

まえは10かいできたけど、きょうは20かいできました。

でももっともっとれんしゅうして、すごくじょうずになりたいです。

だけどもっといろんなわざがあるからいろいろなわざをいっぱいれんしゅうしてぜんぶのわざをとべるようになりたいです。

これからももっといろんなわざをおぼえてれんしゅうしたいです。

(162文字)

 

したこと⇒希望⇒希望⇒希望(終わり)

…めちゃくちゃというか、ただの繰り返しというかなんというか…

とにかくちょっとヒドいんじゃないかなと思うんです。

 

そこで数人のママ友にみんなはどんな内容の作文を書いているのか聞いてみたんだけど、返ってきた答えはほとんど同じ。

 

基本的にはあったことをツラツラと書き最後は「面白かったです」or「楽しかったです」で〆というスタイルで、これが何度か繰り返されているらしい。

○○をした

○○が○○になった

面白かったです

 

○○に行きました

○○をしました

楽しかったです

 

…ということはあまりにヒドイと思った娘の作文はごく一般的な一年生が書く作文なのかもしれないんですね。

 

スポンサーリンク

子供が書いた作文は書き直しさせる?

じゃあ内容はどうであれ子供が書いた作文はそのまま持たせた方がいいんでしょうか。

それともある程度は親が見て手直しをしたほうがいいんでしょうか。

 

とりあえず宿題だから見た方がいい気はするけど直すべきか直さずにそのまま持たせるべきかは悩みます。

 

そこでこれも参考までに数人のママ友に聞いてみました。

【直さない派】

●宿題は基本自分でやらせているから直さない。あとは先生お願いしまーすって感じ(笑)

●基本的に文章は直さない。ただ誤字脱字があればそこは直しをさせている。

 

【直す派】

◎とにかく内容以前に字が汚すぎるから一度全部消してからやり直しをさせてる。

◎ただ起こったことが羅列してあるだけなので1つ1つに対して思ったことや感じたことを書き加えさせている。

 

直さないママ・直すママはほぼ半々。

 

子供のためと思ってそのまま持たせるのも良し

気になるからやり直しをさせるも良し

 

要は考え方次第なのでどっちがいいとは言えないんですよね。

 

でもあるママ友がこんな風に言ってたんです。

 

直してるよ。やっぱりいくらなんでもっていう出来だもんね。

直しは起こったことについてどう思ったかを聞いて答えを聞く感じ。あとは誘導して出てきたものをつなぎ合わせて文章にさせてるかな。

それでもなかなか言葉が出てこないし書けば字は汚いし大きさはバラバラだから、つい怒ったりイライラして怒ったりしちゃうからそれをグッとこらえるのが一番大変かも(笑)

まぁ子供も一生懸命やってるんだし、考えさせて書くことを教えると思って頑張るしかないって自分に言い聞かせてるよ。

結局は出来るようになるまで付き合うしかないんだよね~。

ママ友Mちゃん

 

そっか(・∀!)

 

子供のためにも直さない方がいいなんて意見もあるけど一緒に話し合って考えるなら直すのもありかも。

 

子供を育てていくのに大事なのは忍耐と見守りってことなのかもしれません(*’ω’*)

 

POINT子供の作文は直すなら一緒に考えながら導いてあげる。直さない場合もどんな風に書いたのかは確認しておきましょう。

 

さいごに

一年生が書く作文についてみんなに聞いてわかったこと。

●長さは240~480字くらいの子が多いけど1,000文字を超える子もいるので個人差あり。そこまで気にすることはない。

●内容は出来事+楽しかったなどの感想のみで、それを繰り返し書く子も多い。

●直しはさせてもさせなくても良いので親の考え方次第。

 

そうだよね。

少し前はひらがなだって読むのがやっとだったんだし漢字なんて書けなかったんだから、そこはもっと広い心を持って接してあげないといけないよね。

でもやっぱり作文がうまく…というかスラスラ書けたらいいな~と思うのは親の欲目かな(;´Д`)

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください