2018/05/25

運動会のお弁当をきれいに見せるワザ&詰め方のコツでおいしさ5割増?!

 

運動会のお弁当は子供の好きそうなものを作ったあとは詰めるだけ!

 

でも運動会のような大きな弁当箱にたくさんの中身を詰めるイベント弁当って、センスやワザそして慣れがないとある意味作るより大変なんですよね。

 

そこでどんな風に並べたらいいか調べていたらきれいで美味しそうなお弁当には共通点があることに気が付いたんです!

 

そこでこちらではハイクオリティなお弁当から学んだきれいに見せるワザと詰め方のコツをまとめてみました。

これで運動会のお弁当は完璧?!

 

スポンサーリンク

お弁当をきれいに見せるちょいワザ5つ

では早速センスが良くて美味しそうに見えるお弁当に共通していた【きれいに見せるちょいワザ】からご紹介しましょう!

 

1:飾り切りで見た目をきれいに

【ハイセンス弁当共通テク】

おかずもフルーツも可能なものは飾り切りに!

 

例えばこんな感じ。

ウインナー:タコ・カニ・お花

卵焼き:ハート・お花

ゆで卵:お花

煮物:れんこんやニンジンのお花・シイタケの傘に模様など

フルーツ:りんごをうさぎや格子柄など

 

準備段階でカットできるものは前日に!

ただ焼くだけ煮るだけのおかずも飾り切りをするだけで見た目がグッと良くなりますよ。

みぃ

 

2:カラフル!そして色のバランスを良く

【ハイセンス弁当共通テク】

カラフルさを意識した赤・緑・黄色+白・黒・茶もプラスした6色で彩り良く鮮やかな食材をバランス良くお重に配置!

 

確かに白黒茶が並ぶパンダ色弁当じゃ視覚的にも食欲がわきませんからね。

なので例えば…

●揚げものばかりならミニトマトやブロッコリー、またカットしたレモンなどのカラフル系のミニ素材をプラスする。

●フルーツはオレンジ・メロン・黄桃などの淡色系のものだけじゃなく、ぶどう・ブルーベリーなどの濃い色の果物も入れる。

 

こんな風にちょっと色合いを意識するとよりきれいに見えますよ。

 

食べやすさも重視しておかずとおにぎりを同じ重に入れて、1人づつのお重(お弁当)にしてもGOOD!

みぃ

 

3:ピックで色合いと遊び心もプラス

【ハイセンス弁当共通テク】

特に小さい・丸いおかずはピックで刺して遊び心をプラスしてみるとGOOD

それだけで茶色一色になりがちな唐揚げもそれだけ見た目がパッと明るくなるし、肉巻きなどは食べやすさもアップします。

 

例えばこんな風にテーマを決めてみたり…

  • 唐揚げに動物ピック色々で<動物園風>
  • ミニトマトに葉っぱピックをつけて<リンゴ風>
  • タコウインナーにリボンピックを刺して<タコの女の子>
  • 花型のおかずに蜂のピックを刺して<お花畑>

 

枝豆やミートボールなどはこんなピックに刺すと食べやすくて可愛くなります

  • 好きなキャラクターや動物もの
  • お花・星・リボン・葉っぱなどのモチーフ系
  • 国旗や順位のフラッグで運動会らしく
  • マスキングテープを巻いてカッコよく

 

色とりどりのピックを使えばそれだけでキレイに見えちゃいます。

みぃ

 

4:断面を見せる

【ハイセンス弁当共通テク】

巻いて焼いたり揚げたものはそのままじゃなく半分に切って断面を見せると彩りが良くなる

 

例えばこんな感じ。

●肉巻き(ニンジン・アスパラ・じゃがいもなど)

●ベーコン巻(オクラ・アスパラ・ハムチーズなど)

●春巻き(ハム+チーズ+大葉など)

●ちくわ詰め(チーズ・キュウリ)

●卵焼き(カニカマを使ってりんご風・でんぶと青のりの三色焼など)

●おにぎらず

 

特にオクラは切っただけで星形になるし、肉巻きなどは斜めに切ると中身も大きく見えて華やかになります。

 

星の抜型を使って魚肉ソーセージの真ん中をくり抜いて、そこに同じ星形に抜いたチーズなどを詰めたり、キウイなどのフルーツを抜いてもカワイイ♪

みぃ

 

5:おにぎりなどは数種類に!

【ハイセンス弁当共通テク】

おにぎり・いなりずし・太巻きなど同じメニューでもちょっとアレンジしてキレイに見せる!

 

例えばおにぎりなら、いくつかの具材を選んで作るといいですね。

  • 白ごはんに海苔全部巻き
  • 白ごはんに海苔を手まり風に巻く
  • おにぎりの元を使う(わかめ・梅など)
  • 黒・白ゴマ
  • 炊きこみご飯
  • 赤飯
  • 鮭の混ぜ込み
  • 豆の混ぜ込み

これを1列づつや交互に並べるだけでバッチリです^^

 

混ぜるだけのおにぎりの元は色合いも良くてのりを巻かなくてもいいのでとっても楽チンです♪

みぃ


スポンサーリンク

美味しさが倍増する!運動会の弁当の詰め方のコツ

さあ、お弁当のおかずができたらあとは詰め込むだけ!

でもこれが結構大変なんですよね(;´Д`)

そこでこちらではぶきっちょさんにもおすすめの上手に詰めるための3つのポイントを紹介します。

 

フリルレタスを使う

おかずを並べる時は“グリーンカール”や”フリルレタス”と呼ばれるヒラヒラした葉物を使いましょう。

それだけで平坦に見えるお弁当も立体的においしそうに見えちゃいます。

 

フリルレタスを使うメリット

●下にひいておかずを安定させる

●おかず同士の仕切りも兼ねる

●サンドイッチに使えば見た目もきれい!

 

フリルレタスはぶきっちょさんにおすすめのイベント弁当の万能アイテムね!

みぃ

 

 

隙間を埋める

きれいなお弁当はどれも隙間が見えないようにピッチりと詰めています。

 

そこで便利なのが“すきまおかず”と呼ばれる小さなおかずです。

 

例えばこんなものですね。

ウインナー+卵焼きで【ひまわり】

 

ブロッコリー+ハムで【ブーケ】

 

とにかく隙間なくぎっしり詰めるだけで見た目がグッとアップ!

みぃ

 

 

規則的に並べる

それはそれは芸術的な詰め方をしている方もいるけど、おかずをランダムに並べてきれいに見せるのって至難の業です。

そこで発見したのが規則的に一列に並べるとキレイに見せるワザです。

 

並べ方は色々!

●縦一列

●斜めに一列

●半分に縦一列と横数列の組み合わせ

●四等分に仕切る

 

ちなみに我が家も一列パターンで詰め込みましたよ~☆

そこまで配置を考えなくていいし、まぁそれなりにキレイには見えるので結構使えるワザじゃないかと思います(*´▽`*)

 

迷ったら一列並べ!

意外にも?それなりにキレイに見えます

みぃ

 

キレイなお弁当を作るためにしておきたいこと

運動会みたいなイベントの大きなお弁当ってある程度の構想がないと足りないものが出たり当日も余計な時間がかかると思ったんですね。

 

しかも同居する母がありがたいことに何日も前から

 

何作るの?

何か買っとく?

運動会の日は何か作って手伝おうか?

ばぁば

 

と言ってきたので献立⇒買うもの⇒詰めるまでの【運動会のお弁当の計画表】なるものを作ったんです。

 

おかげでばぁば毎日計画表を眺めては必要な物をチェックしたり、下準備はどうしようと一生懸命考えてくれてました^^;

これでお弁当の準備からお弁当が完成するまでばっちり!…のはずw

 

さいごに

運動会のお弁当は凝ったおかずにしなくても、詰め方のポイントさえ押さえておけばきれいで美味しそうに見せることはできるんです!

 

【きれいに見せる5つのワザ】

1.素材は飾り切りをする

2.カラフルに色合いを良く

3.ピックを使う

4.断面を見せる

5.主食は数種類

【きれいに詰める3つのポイント】

1.フリルレタスを使う

2.隙間をなくす

3.規則的に並べる

 

これに尽きます。^^

…と、得意げに紹介したけどお料理好きなママにとっては当たり前のことかもしれませんね。

そうだったらゴメンナサイ(*´Д`)。

でもあまりこういった行事弁当を作らない私にとっては大発見だったんです。

 

だから同じようなお料理がそんなに得意じゃないけど、娘のために頑張りたいというお母さん!

普通のおかずをキレイで美味しそうに見えるワザをちょっぴり使って運動会弁当を作りましょう٩( •̀ω•́)و

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください