2018/05/25

運動会のお弁当の計画表!献立から詰め込むまでと反省を総まとめ

 

とにかく運動会のお弁当は時間がかかる。でも時間が決まってるから遅れることは出来ない。

それだけはわかっています。

 

だからこそお弁当にかかる大体の時間を計算し、朝起きる時間を逆算しないといけないんですよね。

そこでなるべくスムーズにお弁当ができるようメニュー、下準備と作る手順、そして詰めるまでをまとめた計画表を作ってみました。

 

果たして計画表通りにできたかどうか、そして来年の反省点も最後にご紹介しまーす。

 

スポンサーリンク

運動会のお弁当のメニューを決めてみよう

これは運動会の定番のおかずを調べて、そこから子供の好きなものでなるべく手間がかからない弁当向きのメニューを選びました。

 

ついでに材料・前日にすること・母と私の分担も決めておきました^^

※↑表をクリックすると別窓が開きます^^

 

参考>>>運動会のお弁当は何入れる?おかずの種類や品数はどれくらい?

 

前日に済ませておきたいお弁当の下準備

前日には上の表の「前日準備」に書いてある下ごしらえをします。

 

からあげ

一口大に切って下味をつけておく

 

ウインナー

飾り切りをしておく

 

オクラベーコン巻

オクラを茹でてベーコンを巻いておく

 

ハムチーズ春巻き

ハムとチーズを春巻きの皮で巻いておく

 

 

その他の食材

●ブロッコリー
適当な大きさに切ってゆでておく

●卵
ゆで卵にしておく

●おにぎり
海苔を切っておく

 

あとは「こんにゃくゼリー」を冷凍ですね。これをおかずやフルーツの隙間に入れておくと保冷効果がアップします。^^

 

所要時間大体ここまでで約50分くらいかかりました。

 

 

作る人ごとに作る順番を決める

ウチにはお弁当作りが嫌いじゃない母がいるので、おかずなどは分担して作ることに。

冷ます時間なども考えてそれぞれの作る順番も決めておきました。

 

私が作ったものと順番

①チョコバナナ:春巻きで巻く

 

②卵焼き:焼く

 

③ウインナー:焼く

 

④おにぎり:2種類を握る

 

⑤フルーツ:キウイ・オレンジをカットする

 

 

母が作ったものと順番

①春巻き:2種類を油で揚げる

 

②からあげ:粉をまぶして揚げる

 

③オクラベーコン巻:焼く

 

④サンドイッチ:卵と野菜を挟みカットする

 

所要時間予定では2人で分担するし1時間ちょっとでイケル!と思ってたけど結局1時間30分くらいかかりました。


スポンサーリンク

 

お弁当を設計図通りに詰めてみよう

事前に作っておいた詰め込み方の設計図がこれ。

これを元にしてフリルレタスをひきながら並べていきます。

 

 

①の重の設計図と完成写真

 

②の重の設計図と完成写真

 

 

③の重の設計図と完成写真

 

所要時間なんと詰め込みに約30分かかったのでちょうど2時間ほどで完成☆ま、1人じゃ絶対無理だったけど(笑)

 

初めての運動会で作ったお弁当の反省点

初めてということで色々模索しながらすくりましたが、やっぱり反省点は色々ありました。

 

1.量が多すぎた

今回は私達親子3人と祖母の4人分として作ったんですが正直多すぎました…。

というのも運動会のお昼休みって思った以上に少ないし、子供もなんとなく食欲がわかないみたいなんですよね。

 

まぁ買ったお弁当箱セットに合わせて作ったんだけど、4人なら3段じゃなく2段で良かったかもです。

 

 

2.エビフライは必須?!

周りの人達をチラ見したらほとんどエビフライが入ってました。

 

確かにステキなお弁当の画像を色々眺めていた時も結構エビフライを入れてる人多かったですもんね。

しかもエビフライって場所もとるので大きなお弁当箱にはぴったりのかさましメニューになるので、やっぱりエビフライは定番メニューとして入れるべきでした。

 

 

3.春巻きはホイルに!

ハムチーズ春巻きはパリッとしてたけど、チョコバナナがフリルレタスとくっついていたせいでシナシナになっちゃっていました。

 

やっぱり春巻きは水分を吸っちゃうので水気のあるものとは完全に離さないと美味しくいただけないので、ホイルなどで完全に覆った方が良かったです。

 

 

4.パスタじゃなくペンネに

スパゲティが好きなのでレンチンのパスタを入れて行ったけどやっぱり食べにくかったようで、あまり手を付けてませんでした。

なのでペンネをケチャップで炒めたものにすれば食べやすくてもっと食べてくれたかも?!

 

 

5.真っ赤なフルーツを選ぶ

この時期いちごはもう終わりだし、さくらんぼはすっごい高かったのでアメリカンチェリーにしたんだけどこれが失敗。

なんか黒すぎて美味しそうに見えなかったんですよ。

 

ならば高くても佐藤錦とかの赤いさくらんぼか、スイカなどの真っ赤な果物にすれば良かったです。

 

来年の教訓

●ガサのあるもので全体量を調整

冷めても美味しいものを

食べやすさをもっと意識!

●ケチらず色合いを意識

 

 

さいごに

やっぱりみんなのお弁当ってなんとなく気になっちゃうんですよね~。

今年は初めての運動会ということで周りもチラ~と見てみたんだけど、一番に思ったのは色んなアイデアで小1の子どもを意識したお弁当が多い気がしました。

 

  • 枝豆は可愛いピックに刺す
  • ロールサンドはキャンディー風にラッピング
  • からあげはチューリップでリボン付き
  • ハート型の卵焼き
  • キャラおにぎり

結構おかずも小さ目にして、おもちゃ箱みたいなお弁当でしたね。

だからそれと比べると我が家のお弁当はシブめ(笑)、ちょっとかわいさは足りない感じはしました。

 

でもね、喜んで食べてくれてる娘を見てお弁当は誰かに見せるために作ってるわけじゃないから、心をこめて作って子供が美味しいって行ってくれればそれでいいのかなとも思いました。

色々考えるのって半分は親としての自己満足なのかもしれません(笑)

 

だからあまり周りは気にせずに子供の好きなもの・最低限の色合い・適量・食べやすさを意識して、愛情をたっぷり詰めたお弁当を持って行く。

それで十分なんだと思った初めての運動会でした (*^-^*)

 

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください