2019/07/20

小1の一学期の通知表が全部【できる】でびっくり!二段階評価について調べてみた

 

はじめて小学校からもらってきた通知表。

ドキドキしながら開いたら丸が並んでいるだけの通信表に衝撃を受けた母です (*´Д`)ゞ

 

だって私達の時代は1~5の数字で付けられていたから。

だからできる・がんばろうのどっちかに丸がつけられているだけの通信票をどう解釈したらいいのかがピンとこないし、みんなこんな感じで甘くつけられているものなのか、見方がよくわからないんです。

 

そこで【できる】【がんばろう】の二段階評価の通信簿はどうやって見たらいいのか、また全部【できる】は普通なのかなど1年生の1学期の成績表の見方についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

小1の一学期の通知表は二段階評価だった

で、その1年生の1学期に娘がもらってきた通知表がこちら。

 

できる

がんばろう

2つだけの評価になってました。

 

ずっと5段階評価だった私からしたらなんか変な感じ。しかも

 

これはすごくいいのか?

それとも小1はみんなこんなものなのか?

 

どう解釈したらいいのかがイマイチよくわかrないんですよ。

 

そこでまずは【できる・できない】評価の成績表の見方について調べてみました。

 

 

小学校の通信表の見方を理解しよう

学校からは通信表と一緒に「通信表の見方」っていうプリントが配られたんだけど、それにはこう書いてあります。

 

学習のあらわれについては1人1人の子供達の学習状況を、文部科学省から示された学習指導要領の観点別の目標に照らし合わせて見た時、どれくらい達成したかを評価しています。

 

はて?文科省の学習指導要領?

 

ちょっと気になったので文科省のホームページを見てみました。

 

子どもたちに基礎的・基本的な内容を確実に身に付けさせ、自ら学び自ら考える力などの「確かな学力」、「豊かな人間性」、「健康や体力」などの「生きる力」を育むことをねらいとしています。

 

このため具体的には

1.教育内容を厳選し、習熟度別指導など一人一人の子どもに応じた「わかる授業」を行うことにより、基礎・基本を確実に習得させる

2.「総合的な学習の時間」などを通じた体験的・問題解決的な学習を行う

3.中・高等学校では、選択学習の幅を一層拡大し、生徒の興味・関心等に応じて、発展的な学習などを行う、

などの見直しが行われています。
文部科学省 ホームページより

 

2002年度からこの新しい学習指導要領ってヤツに変わったらしいんだけど、これを元にそれぞれの学校ごとに具体的な項目を設定して評価してるということなんです。

 

勉強・体・生活習慣など生きていく上で必要なことができているかを見てます的なことかな。

みぃ

 

 

通知表の「学習のあらわれの観点別評価」とは

文科省の学習指導要領に基づいてっていうのはわかったけど説明が抽象的でわかりにくい(;´Д`)

で、学校から配られた「通信表の見方」にはこの文科省の学習指導要領に基づいて作成した「学習のあらわれの観点別評価」として4つの項目別に具体的な評価内容について書かれていました。

 

① 関心・意欲・態度
「主体的に学習に取り組む姿」
授業への取り組み、授業のノート、ワークシートやプリント、レポートや新聞作り、発表の様子などで評価します。

 

② 思考・判断・表現
「課題を解決するために必要な努力」
授業中の活動(論述、発表や討論、観察実験とレポート作成)、テストなどで評価します。

 

③ 技能
「基本的・基礎的な技術の習得」
実技、作品、テスト、授業のノート、ワークシートやプリント、新聞作り、授業中の活動などで評価します。

 

④知識・理解
「基本的・基礎的な知識・理解の習得」
テスト、授業中の活動などで評価します。

 

これをそれぞれの教科ごとにわかりやすく文章にして、できる・がんばろうの2つの評価をしているというワケです。

 

ほうほう。○印の意味がちょっとわかってきた。

みぃ

 

 

一年生の通知表は「できる」が当たり前?

で、気になるのはキレイに「できる」に並んだ丸〇

小学校の成績表はずっと5段階評価だった私からしたら全部「できる」に〇がつくなんて、オール5と同じのようなもの。

 

◆ いくら1年生でもそんな甘くていいの?

◆ それとも1年生でやることはすべて【できる】ことが普通なの?

◆ みんなはどうなの?

 

とか思っちゃうワケです。

 

手っ取り早くみんなに聞いてみたいんだけどぶっちゃけ成績表のことって聞きにくい。

でもたまたま成績表の話題になったのでそれとな~く聞いてみたら、そこにいた4人全員が全部「できる」に丸がついてたんですって。

 

そっか、みんな「できる」なのか~。

 

噂で聞いてた、一年生の一学期はよほどのことがない限り「できる」になるっていうのはまんざら嘘じゃないみたいです。

みぃ

 

 

 

成績が良いのは評価基準が変わったせい?

みんな「できる」なんてちょっと甘くない?ちゃんと見てるの?そんな気がしませんか

そこでもっと広く一般的にはどうなのかを調べてみたら今と昔では通知表の評価の仕方が違うのでそれほど珍しくはないということがわかりました。

 

 

昔の5段階評価は「相対評価」

他の子との比較による評価。

 

つまりクラスの中で自分はどのくらいなのかってことなので、出来る子が多いクラスであれば低くなるしできる子が少なければ高くなるってことですね。

どういう部分が足りないとか、どうすれば良いのかということはほとんどわからないので今後何をどうしたらいいかはわかりにくい。

 

 

今のできる・もう少しは「絶対評価」

目標に対してその子がどの程度達成できているかという評価。

 

これは先程紹介した文部科学省の定める学習指導要領に基づき、それぞれの学校で定めた評価基準をその子が達成できているかどうかを表しています。

そのためどういったところが基準に達していないかや、どうしたらいいかなどを把握することができます。

 

 

一見〇とか△や、できるできないの評価はわかりにくいと思ったけど、こっちの方が1年生の1学期にできていてほしいことができてますよとか、もうちょっと頑張った方がいいですよっていうのがはっきりとわかって良い気がしますね。

 

絶対評価で全部「できる」になるって言うのは決して適当でも甘いわけでもないってことなんですね。

みぃ

 

 

通知表の学習成績より気になった行動の記録の丸の数

学習のあらわれには「がんばろう」はなかったからホッとしたけど、それより気になったのが行動の記録。

 

全部で10個の項目があるんだけど丸がついていたのは4個だけだったんですよ。

ということは…

 

友達のことを思いやり、親切に出来てないってこと?

生き物や草花を大事に出来てないってこと?

誰とでも分け隔てなく接してないってこと?

 

え~っ (゚Д゚;)

これってある意味成績よりも大事なとこでしょ?

 

そこで「行動の記録」についてもママ友に聞いてみたら、どうやらどんなにしっかりした子でも全部に丸がつくことはなく多くても4-5個らしいんです。

たしかによーく見ると枠外にはこう書いてあります。

 

特によいあらわれ” ね。

 

決して思いやりがないとか、草木を大切にしていないというわけじゃなさそうです。(´▽`)

 

 

スポンサーリンク

小学校一年の1学期の通信簿をもらった後にすること

他にも色々調べてみたんだけど、小学生1年生の1学期の通知表は「できるorがんばろう(もう少し)」「〇or△」「AorB」などの2段階評価が一般的。

1学期は評価項目に現れない部分でも努力しているのでよほどできない場合を除いて「できる」になっているようです。

 

ま、確かにね。

幼稚園や保育園で楽しく遊んでた生活から一転、4月を境に自分のことはすべて自分でやり教科書を使っての勉強が始まり、家に帰ったら宿題とかもしなきゃならくなったんです。

そしてその慣れない環境の中、小さな体と頭をフル回転させて頑張っているんだからね。

 

それを考えたらちょっと甘めと言われようがやる気をださせるような評価方法になっていてもおかしくはないかな?と。1年生から学校が嫌いになったり勉強が嫌いになったりしたら困るもんね。

だって学校は勉強だけじゃないし楽しいことがいっぱいで人として学ぶべきことがたくさんあるところだからね♪

 

お家でも1学期がんばったって言ってできていることを褒めてあげることが大事ってことですよ~。

【できる】ことをたっぷり褒めてあげましょう♪

みぃ

 

 

 

小1の通知表にもう少しがあったらどうする

評価の内容は学校独自で決めているものなので学校によって多少付け方に違いはあるけど基本的には絶対評価なのでその子自体の評価です。

ただ中には全部良い方に丸がついていなかったという子もいるでしょう。

 

まあ普段からウチの子は出来が悪いとか落ち着きがないと思ってるママなら納得はできるのかもしれないけど、塾に通っていてテストはいつも100点、宿題もかかさずやっているママだと納得できないかもしれませんよね。

 

でも文科省の学習指導要領にもこうあったでしょ?

 

子どもたちに基礎的・基本的な内容を確実に身に付けさせ、自ら学び自ら考える力などの「確かな学力」、「豊かな人間性」、「健康や体力」などの「生きる力」を育むことをねらいとしています。

 

そう、これからの時代に求められるものは【確かな学力】【健康・体力】【豊かな人間性】

その学習指導要領に基づいての評価なので、いくら勉強ができてもこういうところがあれば「できる」にはならないんです。

 

● いつも字がめっちゃ汚い

● ものの使い方が雑

● 友達の答えや作品をバカにする

 

 

そういえば私の小学校時代にいましたよ。こういう子。

頭が良くてよく学級委員にも立候補してたけど「私はバカとは付き合わない」とか言ってた性格ひん曲がったヤツ。しかも親からして「うちの子は頭がいいから、みんなと話が合わない」って言ってたからね。

 

親が親なら子も子だよ ʅ(´-ω-`)ʃ

 

でも東大とか京大に行ったのかと言うとそうじゃない。こんな田舎の小学校で頭がいいなんてその程度だよ。しかも本当に頭のいい子はそんな自慢なんかしないし。

 

もちろんそんな彼女がその後どうなったかなんて知る由もないんだけど、そんな調子で大きくなってちゃんと会社や地域でお付き合いできてるんですかね?!私はそんな人とお友達にはなりたくないし一緒に仕事もしたくないけどね。

 

やっぱいくら頭が良くても人間らしく幸せに暮らすために大事なのは人間性でしょ。

 

 

ほら、小学校って毎日お迎えに行くわけじゃないし先生と話す機会も少ないから、ちゃんとみんなと仲良く意見を交わしたり授業を聞いてるかなんて全然わからないじゃないですか。

そこを先生は「がんばろう」とか「もう少し」をつけて教えてくれてるわけですよ。

 

だから親としては通信表の評価を見て学校の集団生活の中で自分の子がどう過ごしているのかを読み取ることが大事なんだと思います。

 

全部「できる」や「○」だったら思いっきり褒めてあげる。

「もう少し」「△」に丸があったら注意深く見て、出来るだけ早めに怒らず改善できるように導いてあげる。

これが初めてもらう通信簿で親が子供にしてあげるべきことじゃないかな。

みぃ

 

 

一年生の1学期の通知表の見方~まとめ~

色々調べてみたてわかった今の小学生の成績表の見方。

 

●1年生の1学期は二段階評価が一般的

●特別なことがない限りほとんどが「できる」の評価

●成績だけではなく学習に対する態度や姿勢なども含まれる

●生活面はすべて「〇」とされることはない

 

学校によっても違うんだけど基本的にはできたことを褒めて自信をつけさせ、2学期からも楽しく学校生活を送らせるということを一番の目的にしてるというところは多いみたいです。

だからお家ではできたことをたっぷり褒めて楽しい夏休みを過ごし、楽しく二学期が迎えられるようにサポートしてあげなきゃですね^^

 

成績票を見たら親からのコメントも忘れずにですよ~(*^-^*)

>>>通知表の親からのコメントの書き方の基本と例文!書いちゃいけないことに気を付けてまとめよう

 

 

スポンサーリンク
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください